花蘭咲(カランサ)

花蘭咲の成分詳細をチェック

更新日:

花蘭咲のエキス成分

エビネ抽出エキス

エビネとはエビネランという別名で分かる通り、蘭の1種。園芸植物として知られ、その花を愛でる人も多いようですが、その球根は昔から血行促進・解毒効果があるとして、生薬として用いられてきました。

そのエキスには「カラントサイド」「グルコインディカン」「トリプタントリン」といった頭皮の血行を促したり、抗菌作用を持つ成分が含まれているため、近年は育毛剤に盛んに配合されています。

エイジツエキス

エイジツは「営実」と書き、ノイバラの果実のこと。ノイバラは「うまら」「野ばら」とも呼ばれ、日本でもよく見かける雑草に近い植物です。

エイジツは古くから漢方の生薬として使われていて、そのエキスには収れん作用(肌を引き締める効果)を持つため、頭皮にも効果的。

ほかにニキビ、おでき、腫れ物などを改善する働きもあるので、肌ケア製品には欠かせない物質になっています。

ローズマリーエキス

ハーブとして有名なローズマリーですが、ヨーロッパで14世紀にペストが大流行した時など、感染よけの薬としても利用されました。今では日本でもスーパーで販売されるなどすっかり定着していて、カレーやポトフのスパイスとしておなじみです。

その葉からのエキスは、抗菌・殺菌・保湿作用が強く、肌トラブル全般に効果が期待できます。

サンザシエキス

サンザシは「山査子」と書きます。実は甘酸っぱいため、中国やヨーロッパなどでは酒、ドライフルーツ、スイーツの原料に使われてきましたが、日本では何といっても盆栽に用いられることで有名です。

近年では血流改善の効果があることが分かり、肌のターンオーバーを正常化を促す働きが注目されています。

ワレモコウエキス

ワレモコウは「吾亦紅」または「吾木香」と書き、「源氏物語」でも言及されるほど古くから日本各地に自生していた植物です。

根は地楡(ちゆ)という名前で漢方の生薬として用いられていて、そのエキスも抗菌、消炎、収れん作用を備えています。

トウキエキス

トウキは当帰と書きます。中国、朝鮮半島、日本で生育する多年草で、その根を乾燥させたものが漢方の生薬として古くから用いられてきました。

保湿、血行促進、抹消血管拡張、抗炎症といった効果を備えていて、頭皮のコンディションの改善に役立ちます。

センブリエキス

昔から苦いものの代表としてよく上げられるセンブリ。お茶として飲まれてきましたが、血流改善や毛細血管の拡張に役立つというので、最近では育毛剤によく配合されています。

花蘭咲のメリット

植物性由来の成分を使い、添加物をカット

有効成分として配合されているエビネエキスはその名前の通り植物由来のエキス。頭皮の血行を促し、育毛効果があることが科学的に認められています。

その他の成分も自然由来のものばかり。頭皮に刺激を与えるような人工的な化合物は使われていないので、敏感肌の人でも安心です。

定期コースのキャンセルが自由

育毛剤のほとんどは継続回数の「しばり」のある定期コースを申し込まないと割引サービスを受けられません。

しかし花蘭咲は「しばり」がないため、事実上2,592円(税込)という値段で正規の商品が手に入ります。

1日1回使えばいいだけ

一般の育毛剤は朝と夜の2回のケアが必要ですが、花蘭咲なら1日1回使用すればオーケー。おまけに髪の毛が濡れていても使えます。

花蘭咲の口コミをチェックする

-花蘭咲(カランサ)

Copyright© 花蘭咲(カランサ)口コミ情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.